社会保険労務士法人アールスリー

お気軽にお問い合わせください。

Tel:03‐5338‐2021

平日 9:30-17:30

セキュリティ指針について

セキュリティ指針について

セキュリティ指針について

当法人にとって情報資産(情報および情報システム等)は、社会保険労務士業務内容及びそれに付帯する業務活動において取扱う個人情報(マイナンバーを含む)とともに、利益を生み出していくための源泉でありかつ最も重要な資産でもある。また情報セキュリティ事故を未然に防止することは社会的な責務である。
当法人は、情報セキュリティ上の脅威から情報資産と個人情報を保護するために、情報資産を正確かつ安全に取扱い、当法人の理念および経営戦略に沿った情報セキュリティを実現するとともに、お客様の信頼に応えていく。

当法人の情報セキュリティ目的は、社会保険労務士業務及び人事制度の構築・労務デューデリジェンス等の総合労務サービスを通じて、従業員との人間関係の向上に寄与し、会社の発展に貢献する。

  • クライアントの機密情報や特定個人情報およびプライバシーに配慮した安全管理策を講じる(職員の個人情報やプライバシーへの配慮も同様)。
  • クライアントのニーズを満たす最新法令や労務リスクに基づいた最適なサービスを提供する。
  • クライアントの多様なコンサルティングニーズを探索・喚起・刺激し双方の業績に寄与する。

当法人は、情報セキュリティに対する当社の取り組みに関する経営陣の意思を表明し、それに基づく主な行動指針を明確にすることにより、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を適切に構築・運用し、重要な情報資産の機密性、完全性、可用性の確保に努める。

当法人は、当法人を取り巻く環境の変化を踏まえ、ISMSを適時・適切に見直してその改善を継続的に推進する。

当法人は、ISMSの運営のために情報セキュリティ管理責任者と情報セキュリティ委員会を設置し、運用するために必要な組織体制を整備する。

当法人は、取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じる。

当法人は、ISMSの維持向上のため全職員に対して定期的に教育を実施し、効果を測定する。

お問い合わせ

Contact us

ご相談・お問い合わせを承っております。
お電話またはお問い合わせフォームより
お気軽にご連絡ください。

Tel:03‐5338‐2021

平日 9:30-17:30

全国社会保険労務士会連合会

セキュリティ指針について

page top